夜寝る前に心配事や不安が頭の中を占めてしまって眠れない。早く寝ようと努力するほど余計に眠れなくなってしまう事があります。体が疲れているのに眠れないと言う状況は脳が興奮し、頭が冴えてしまっている事が原因です。この状況を改善するには心因的なプレッシャーを排除して、気分をリラックス出来る状態を作る事が必要です。

就寝前にはパソコンやスマートフォンから離れて、目と脳を休めます。室内の照明は暗くし、薄暗いオレンジ色にします。布団に入ったら、眠れなかったとしても体は休息している事に意識を向けましょう。夕食後や寝る前に覚醒作用のあるカフェインの摂取すると、寝つきが悪くなります。飲み物を飲むなら、ホットミルクやハーブティーがお勧めです。寝る3時間程前で運動は控えましょう。ぬるめのお風呂に入ったり、趣味の時間を持ち体も神経もゆったりと過ごすと良いでしょう。夜遅くまで起きて、朝も遅く起きる夜型の生活から朝型の生活へ改めるのも重要です。

朝の光を浴びる事は体内時計をリセットし、不規則な睡眠を改善する効果があります。自然な眠気を誘うように頭と体の力を抜きリラックスする事が大切です。簡単に出来る事から不眠対策をして行きましょう。

関連ページ